富士印鮎毛鈎
小山毛鈎製作所
富士印の鮎
鮎毛バリでアユを釣るドブ釣りのホームページ
毛バリ釣りについて
鮎毛バリの製作について
ドブ釣り仕掛け
釣り方の基本
アユ釣り 河川情報
    釣り風景の写真をUP!
釣り情報 リンク
通信販売について
 
毛バリ釣り

毛バリ釣りについて 
アユ釣りは古来より『ドブ釣り』と呼ばれて親しまれてきました。
ドブとは深い淵のことなので アユ釣りの醍醐味をご存知の釣師には周知の言葉なのですが 最近では『鮎の毛バリ釣り』と呼ぶようになっています。
 
アユ釣りには各河川による解禁日があって桜前線のごとく北上していきます。
香魚の絵

 
これから鮎の毛バリ釣りをやってみようと関心を持たれている初心者の方々、是非釣ったアユを手にしてみてください。その香しさ…それはスイカもしくはきゅうりのよう!そしてその新鮮なぬめりに感動するはずです。香魚と呼ぶにふさわしいアユ 私は宝魚とさえ言いたい気持ちです。

アユを愛する心 アユをいとおしむ気持ち それは自然を大切に思うことにつながります。海に囲まれた日本、アユの仔稚魚が生息しやすい海であり、春にはぐんぐん遡上していく河川であること これがあるべく自然の姿だと思います。しかし実際のところ 異常気象、それにともなう河川の変化、余儀なくされる護岸工事 またダムによる影響や生態系を壊しかねない外来魚など、アユを守っていくために考えていかなければならない問題はたくさんあります。
そんな中でもアユは環境さえ整っていれば精力的に川を遡ってくるのです。清流を愛しアユを大切に思い、危惧し研究しいろいろな活動をしてくださっている人がたくさんおられることも心強いことです。

また 毛バリ釣りには通称『蚊針』という毛バリでオイカワ、ハエ、ハヤを釣るヤマベ釣りと テンカラと呼ばれる毛バリでイワナやヤマメを釣る渓流釣りがあります。


鮎毛バリの製作について

熟練された職人の手作業の技がこの繊細な鮎毛バリを生み出します。


鮎毛針の名称
  • 地金(鉄バリ)は一般的なところでは2.8号と3号があり、返しのないのがアユ針の特徴です。
  • 地金には軸にカカリがありますのでその上下にしけ糸を巻きつけ、テグスを巻きつける際もテグスの先を折り曲げその上からしけ糸を巻きつけて抜けないように固定してあります。
  • 先巻きのない熊系統の鮎毛バリなどの場合は先玉(金玉)をつけます。
  • 角は赤角、黄角、青角またカスリヒゲを角にすることもあります。
  • 胴巻きにはつめ巻き、すき巻き、二本巻き、ぼかし巻きなどがあり、山鳥やニワトリ、キジ、孔雀、きんけい鳥白鳥などの鳥毛を使って巻きます。
  • 中金に使われてきた金糸のみならず、近年ではあらゆる色のラメを使うようになっています。
  • 追毛はミノ毛を巻きつけたあとにしっかりしけ糸で巻きつけます。
  • 金玉は漆を練って玉にするのですが、その練り具合も積み重ねた経験からの勘だけによる作業、その日の気温湿度に左右されるので季節の変化とともにその都度難儀を強いられます。また漆に貼り付ける純金箔も漆の乾き具合で光りが鈍くなったり、、タイミングを逃すと貼り付きにくくなるので気の抜けない作業です。

    ↑このページの先頭へ
小山毛鈎製作所
〒677-0021 兵庫県西脇市蒲江517-50
TEL 0795-22-4228   FAX 0795-22-3267