富士印鮎毛鈎
小山毛鈎製作所
富士印の鮎
鮎毛バリでアユを釣るドブ釣りのホームページ
ドブ釣り仕掛け
釣り方の基本
毛バリ釣りについて
鮎毛バリの製作について
アユ釣り 河川情報
   釣り風景の写真をUP!
釣り情報 リンク
通信販売について
 
毛バリ釣り

ドブ釣り仕掛け 

毛バリ釣りは魚と人間の知恵比べ


基本の仕掛け


* 調整器

* 道糸  0.8号

* テンビン

* オモリ 釣鐘オモリ 4号〜10号

* 毛バリ


仕掛けの全長は
     水深+50センチ程度

ドブ釣り仕掛け

左図のように仕掛けをセットします。

オモリが底に着くまで沈めて 2〜3秒してからゆっくり針が水面にくるまで引き上げます。

毛バリを虫の動くように竿を操作します。

一番大事なのは毛バリの選択です。

毛バリは多数の種類があります。
数多く持ち、当たりバリに行きつくまで取り替えつつ挑戦していくのも一つの方法かと思います。


釣り方の基本

オモリが底に着くまで沈める、毛ばりが底に着いたら2〜3秒待ってからゆっくり上げる、途中で1〜2秒静止し毛ばりが水面に来るまで上げる。

この上下操作を川の流れに沿って繰り返す。

当たりは、上げる途中静止する前後が一番多いが、水面で来ることや、底を離れてすぐ来ることも多い、時には下げる時にも。

ゴンと一気に竿先を押さえる当たり、コツコツと竿に伝わる場合、モゾモゾとした当たり等色々な当たり方がある。

いづれの場合もそこで竿を静止し押さえ込みを待つ、(一番嬉しい時)。

2〜3度ためてから(この時鮎の大きさが解る)ゆっくり取り込む。

鮎は底に向かうので、底に着かない程度に竿を支えるとばれることはない。


↑このページの先頭へ

小山毛鈎製作所
〒677-0021 兵庫県西脇市蒲江517-50
TEL 0795-22-4228   FAX 0795-22-3267